エクセルで四捨五入を千円単位でおこなう2つの方法

四捨五入と言えば、小数点以下の数値処理に使う印象が強いですよね。

ところが、仕事をしていると「概算」の数字を求められることも多く、千円単位四捨五入 するケースも珍しくありません。
つまり、整数の下3ケタが必ず「000」になる処理です。

そこで今回は、千円単位で四捨五入するために必要なテクニックを2つピックアップします。



1000円単位で四捨五入

エクセルで任意のケタで四捨五入するには ROUND関数 が便利です。

ROUND関数

ROUND関数とは、数値を指定した桁数に四捨五入した値を返す関数で;

=ROUND ( 数値, 桁数 )

のように表されます。

たとえば 円周率 3.14 のように、小数点第3位を四捨五入して第2位までセルに表示させるならば「桁数」の部分にはが入ります。
そう。「桁数」の部分は小数点以下の処理に重きをおいているので、「2」と入力するだけで「小数点以下 第2位まで」と判断されます。

では、正の整数「千円単位」で四捨五入するにはどうすればよいか?

数式の「桁数」の部分に 負の数(マイナス)を用います
下のサンプルでは、セルA1の数字を千円単位で四捨五入した数値をセルC1に表示させています。

セルC1に入る数式は;

=ROUND ( A1, -3 )

となります。
桁数の部分を「-3」とすることで、千円単位の四捨五入を可能にしています。

書式設定で千円単位で四捨五入したように見せる

エクセルで資料作成していると、セルの値としては本当の数値(全桁数)を残しておきたい場合もあります。
「見た目だけ四捨五入されている」
そんなテクニックもあります。

数字を丸めたいセル上で右クリックして「セルの書式設定」をクリックします。

[表示形式] タブの「分類」を [ユーザー定義] にすると、書式としてセルに表示する「見た目」をアレンジすることができます。

「種類(T):」の部分に以下のように直接入力します。

#,",000"

カンマの数や位置に気をつけましょう。


▲実際の画面

これでセルに入力されている値はそのままで、「見た目の数値」だけを千円単位で四捨五入されているように表すことができます。


▲見た目だけが変わった!

以上で『エクセルで四捨五入を千円単位でおこなう2つの方法』は終了です。
他の関連記事とあわせて仕事や趣味に役立ててください。

関連記事



併せて読んでおくとさらに便利

EXCELのセルの値を「千円単位」で表示する方法
Excel書式・表示形式
エクセルで千円単位・百万円単位で表示する表示形式について解説します。Excelの数値を千円単位・百万円単位で表示するには書式設定をつかえば簡単なのです。

※その他関連記事は、このページの下の方にもあります。




-書式, 関数, EXCEL&VBA
-,

© 2021 h1r0-style.net