エクセルで図形を整列させる・位置を合わせる簡単な方法

資料づくりで図形やグラフを使う。
これは視覚的なわかりやすさを求める時の常套手段ですよね。

でも、せっかく使った図形も、位置が微妙にズレていると違和感だけが残り逆効果になりかねません。
ドラッグしてひとつずつ 位置を合わせる のも大変。

そこで今回は、図形をきれいに整列させる便利な機能をピックアップします。
図形を整列させて資料のイメージアップを図りましょう。



図形を整列させる・位置を合わせる

図形を整列させるにも「高さを揃える」「等間隔に配置する」など色々なパターンがあるので、下のサンプルを使って説明します。

図形の配置を中央で揃える

例えば 下のように配置された5つの図形ですが、微妙に高さが揃っていません。


▲位置がズレていて気持ちが悪い

1つずつドラッグして位置を合わせても良いですが、図形の数が増えれば増えるほど 位置合わせ は難しくなります。

STEP BY STEP
まず、すべての図形を選択した状態にします。


▲1つめの図形を選択して Ctrl + A ですべての図形を選択できる

メニューの「図形の書式」タブ、もしくは「ページレイアウト」タブにある「配置」をクリック。
サブメニューの「上下中央揃え(M)」をクリックします。

するとシャキーンっと図形の高さが揃い 整列されます。


▲完璧に高さが揃った!

図形を等間隔で配置する

つぎは、図形を「等間隔に配置する」方法です。

下のサンプルは、高さは揃っているものの 図形と図形の間隔がバラバラで揃っていません。


▲左右の間隔がバラバラのサンプル

STEP BY STEP
すべての図形を選択した状態にします。


▲1つめの図形を選択して Ctrl + A ですべての図形を選択できる

メニューの「図形の書式」タブ、もしくは「ページレイアウト」タブにある「配置」をクリック。
サブメニューの「左右に整列(H)」をクリックします。

すると、またまた シャキーンと間隔が揃います。


▲チョー気持ちいい!

ちまちまと手作業で苦労していた方はぜひこの「配置」機能を使いこなしてください。

以上で『エクセルで図形を整列させる・位置を合わせる簡単な方法』は終了です。
もしこの記事を気に入っていただけたらSNS等でシェアしていただけると幸いです。

関連記事






-その他小技, EXCEL&VBA
-

© 2021 h1r0-style.net