エクセルでグラフの数値が反映されない・一部表示されない時の対処

グラフを使用していると、データを追加したときにその数値が反映されない、一部が表示されないといった問題で困ったことはありませんか?

今回は、エクセルでグラフの数値が反映されない・表示されないときに適切にデータ範囲を編集する方法をピックアップします。

グラフに数値が反映されない!?

グラフにデータの数値が反映しないときは、データ範囲をチェックして変更する必要があります。



データ範囲の変更方法

下のサンプルは、月別販売実績のグラフで、グラフの範囲を毎月一月づつ増やしていくタイプです。

ここでは、グラフの元データに7月分を追加する手順を紹介します。

データ範囲が同一シート上の場合

グラフの元データの表が、上のサンプルのようにグラフと同じシート上にある場合は、グラフエリアをクリックするだけで表のデータ範囲がカラーの枠で表示されます。


▲7月がデータ範囲に入っていないことがわかる

7月分をデータ範囲に追加するには、枠線を下にドラッグするだけで簡単に変更できます。


▲枠線をドラッグするとグラフに7月分が表示された

データ範囲が別シートにある場合

つぎは、グラフの元データが別シートにある場合です。

他人が作成した資料の場合は、エクセルファイルのどこに元データがあるのか判らりずらい場合があります。


▲元データが別シートにある(or どこにあるか不明)

この場合は、グラフエリアで「右クリック」します。
そして、右クリックメニューの「データの選択(E)」をクリックすると元データにジャンプします。


▲「データの選択」をクリックする


▲別シートにあるグラフの元データにジャンプします

さらに「データソースの選択」フォームが表示されます。


▲「データソースの選択」フォーム

データ範囲を変更するには、[グラフデータの範囲(D)] を編集します。


▲データ範囲を編集して [OK] をクリック


▲7月分が表示された


データ範囲が表示されない!?

データ範囲を編集しようにも、データ範囲が表示されないときもあります。

下のようなサンプルがあります。

グラフエリアで右クリックして「データの選択」をクリックすると、データ範囲が空白なのです。


▲なんと!データ範囲が空白

データソースの選択フォームは表示されるのですが、肝心のデータ範囲が表示されない。
『データ範囲が複雑すぎるため~』とその理由が示されています。

データ範囲が表示されない原因

データ範囲が表示されない原因は、「凡例項目(系列)」の順番を入れ替えたケースが多いです。

サンプルでいうと、オリジナルの表は「横浜→東京→仙台→大阪」の順だったのに、北から順に「仙台→東京→横浜→大阪」に 系列が並べ替えられた ようなケースです。


▲元の並び順を知っていればデータ範囲を表示できるのだが、、、

元データにたどり着くヒント

このままではデータ範囲がわからないので、とにかく元の表の場所にたどり着きたいときは、系列の一項目を「編集」します。


▲仙台を選んで「編集」をクリック

すると、元データの表にジャンプしてくれます。


▲元データにたどり着いた!

これで元のデータ範囲が特定できるはずなので、シート上で必要な編集作業を行うことができます。

エクセルでグラフの数値が反映されない・一部表示されない時の対処』は以上です。
他の関連記事とあわせて仕事や趣味に役立ててください。

関連記事






-グラフ, EXCEL&VBA
-

© 2021 h1r0-style.net