エクセルで数式が反映されない・計算されないときの原因と対処

セルの値を変えたのに、その値を参照しているセルの値が変わらない、数式が反映しない、という経験はありませんか?

複数のユーザーでエクセルファイルを共有している場合など、たまにこのようなことが起こります。

今回はこのようなトラブル発生時の対応についてピックアップします。



数式が反映されない・計算されないときの対処

このようなトラブルの原因については後述しますが、まずは対処法から。

メニューの「ファイル」から「オプション」を選択します。

オプションメニューが表示されたら「数式」をクリックします。

表示された画面の先頭にある「計算方法の設定」が「手動」になっているはずなので、これを「自動」に変更します。

「OK」をクリックして完了です。
これで計算式がリアルタイムで反映するようになります。

数式が反映されない原因

セルの値を変更すると、そのセルを参照している別のセルの値が変化する。
こんな、エクセルならばあたりまえの動作は「自動計算」と表現されます。

セルの値が変わらない(計算されない)、数式が反映しないときの原因は、この「自動計算」が停止しているからです。
上の設定画面のとおり、エクセルでは計算方法を「自動」「手動」と選択することができるようになっています。

「手動」が適している例として、たとえば、企業の経理関連のファイルなどは、セルの値が同一ファイル内で完結しておらず、他のファイルの値を参照させている場合があります。
このような複雑な参照が数多く設定されていると、ファイルの起動時にすべての値をリフレッシュするため起動に時間がかかってしまいます。

こんなとき計算方法を「手動」にしておくと、ファイルはリフレッシュせずにスムーズに起動してすぐに作業を開始することができます。
そして、数式を反映させたいときは、キーボードの「F9」を押して「手動」で計算式を反映させるのです。

とはいえ、よほどのことがなければ計算方法は「自動」の方が安全でおすすめです。

以上で『エクセルで計算されない・計算式が反映されないときの原因と対処』は終了。
その他の関連記事と合わせて仕事や趣味に役立ててください。

関連記事



併せて読んでおくとさらに便利

知ってる!?エクセルで行をたたむ方向を逆にする方法
グループ化
行や列を折りたたむ「グループ化」。みなさんは「たたむ方向」を変えられますか?集計行が上にあっても下にあっても、変幻自在に「たたむ方向」を変えて対応しましょう。

エクセルで斜線を引いたセルに文字を入れる2つの方法
書式設定
エクセルで斜線を引いたセルに文字をきれいに入れる2つの方法について解説します。突然ですが、表の縦軸と横軸が交わる左上のセル、どうしてますか?空白のまま? 斜線を引いただけ?

※その他、関連記事はこの記事の下の方にもあります。




-その他小技, EXCEL&VBA
-

© 2021 h1r0-style.net