エクセルで絶対値を計算・表示させる方法

エクセルで「絶対値」を計算 できると意外と便利です。

例えば、日数や金額などの 数値の差 を「絶対値」に置き換えて、その数値を 計算に利用 したりします。

そこで今回は『エクセル絶対値計算・表示させる方法』をピックアップします。



絶対値を計算・表示する

絶対値とは

まず、絶対値 (Absolute value)について簡単に説明をしておきます。

絶対値とは、 などから正負の符号 (+、-) を無視した値です。

+3も-3も 絶対値 はどちらも「3」となります。
つまり、数直線上でのゼロからの距離(=どれだけ離れているか)を表した数値と言えます。


▲絶対値はどちらも「3」

そして、この絶対値を計算する関数が ABS関数 です。

ABS関数とは

ABS関数とは、数値から符号(+、-)を除いた 絶対値Absolute value)を返す関数で、書式は;

ABS ( 数値 )

のように表されます。


絶対値の計算例

下のサンプルを見てみましょう。


この場合、セルB2に入る数式は;

ABSA2

となります。

セルB2には、元の値の -記号は無視されて 数直線上のゼロからの距離「15」だけがシンプルに表示されています。

この数式を下の行にもコピー(書式なしコピー)します。

すると、2行目と同様に B列には絶対値が計算・表示されます。

エクセル絶対値計算・表示させる方法』は以上です。
その他の 関連記事 と合わせて仕事や趣味に役立ててください。

関連記事・広告






-関数, EXCEL&VBA
-,

© 2022 h1r0-style.net