エクセルで曜日によって価格を変える方法|WEEKDAY関数の使い方






ホテルや旅館では、曜日によって販売価格を変えることが珍しくありません。

「平日料金」「休前日料金」なんて、みなさんも一度は目にしたことがあるでしょう。
そんな料金表を作成するときに役立つのが今回のトピックです。

WEEKDAY関数 を使って曜日別に価格設定を変更する方法をピックアップします。

曜日によって価格を変更する

今回は下のサンプルを使って説明します。

▲日付と曜日は2019年のカレンダーです

E列をみて見ると休前日、つまり土日の前=金曜と土曜は別料金という設定です。

そして今回 WEEKDAY関数 を使うのはC列です。
C列には、A列の日付の曜日を WEEKDAY関数で判断して適切な金額を表示させます。


WEEKDAY関数

WEEKDAY関数とは

WEEKDAY関数とは、日付に対応する曜日を整数で返す関数で、書式は;

WEEKDAY ( シリアル値, [種類] )

のように表されます。

WEEKDAY関数の [種類]

上の書式にある [種類] は入力を省略することが可能ですが、数値を入れることで曜日を表す整数を変えることが可能です。

[種類] に入れる数字の詳細は以下のとおりです。

種類 戻り値
省略または1 1(日曜)~7(土曜)
2 1(月曜)~7(日曜)
3 0(月曜)~6(日曜)
11 1(月曜)~7(日曜)
12 1(火曜)~7(月曜)
13 1(水曜)~7(火曜)
14 1(木曜)~7(水曜)
15 1(金曜)~7(木曜)
16 1(土曜)~7(金曜)
17 1(日曜)~7(土曜)

▲11以降はExcel2010から使えるようになりました


WEEKDAY関数とIF関数を組合わせる

実際にC列に数式を入れますが、WEEKDAY関数の戻り値によって料金を変更させるために IF関数 を使います。

セルC2に入る数式は以下のようになります。

=IF ( WEEKDAY ( A2 ) <6, $E$2, $E$5 )

つまり、WEEKDAY関数の戻り値が 6より下(1~5)なら平日料金(セルE2の値)を、そうでなければ(6 or 7)なら休前日料金(セルE5の値)を表示しろ、ということです。
注)セルE2とE5は 絶対参照 にしておきます


あとはセルC2の数式を下方向にコピーすれば完成です。

▲数式をコピーして完成

以上で『エクセルで曜日によって価格を変える方法|WEEKDAY関数の使い方』は終了です。
他の関連記事とあわせて仕事や趣味に役立ててください。

関連記事



併せて読んでおくとさらに便利

エクセルで日付を入れると曜日が自動で表示される方法|Excelのキホン
書式記号・日付時刻
セルに 日付を入れると曜日が自動で表示されるようにする方法。日付を手入力して、隣のセルにその日の曜日も手入力するなんてナンセンス。日付を入力したら、曜日は自動表示させましょう。

エクセルで曜日別に集計する(売上·平均)|Excelのキホン
曜日・集計
エクセルで曜日別の集計をする方法 について解説。曜日別の集計データ はマーケティングにとって欠かせない材料のひとつです。基本的な関数の組合せで、曜日別の売上や平均を算出することが可能です。

今日の日付の色を変える (行に色をつける) 方法
条件付き書式・TODAY関数
エクセルで今日の日付の色を変える方法について解説。日付が変わっても常に 今日の日付のセルや行に色をつける (色を変える) ことができると、視認性もよくとても便利です。

DSUM関数で特定の文字列を含む項目の売上げ合計を求める
集計・DSUM関数
DSUM関数の使い方を解説します。SUMIF関数では集計できない「含む」「始まる」といった条件に当てはまる項目の集計をするには DSUM関数 が役に立ちます。

エクセルで時間の足し算をする|24時間を超える合計表示
書式記号・集計
エクセルで時間の足し算をする方法を解説。労務管理などで 時間の足し算をするときに合計が 24時間以上でも正しく合表示させるクニックです。時間の足し算ができない、合わないという方は必見です。

※その他、関連記事はこの記事の下の方にもあります。

-関数, EXCEL&VBA
-,

シェアしていただけると助かります。