エクセルで今日の日付を表示する関数は?

「えーっと、今日は何日だっけ?」
エクセル のシート上に「今日の日付」を入力するシーンはよくあります。

資料の作成日など、自動で今日の日付が表示 されれば便利ですよね。

エクセルには簡単に 今日の日付を表示してくれる関数 があるのをご存知ですか?
この関数さえセル上にセットしておけば、常に今日の日付を表示してくれます。

そこで今回は『エクセル今日の日付を表示する関数』をピックアップします。



今日の日付を表示する関数

TODAY関数

TODAY関数とは、現在の日付(=今日の日付)を表す シリアル値 を返す関数です。

日付の「シリアル値」というのは、「1900年1月1日」を「1」として始まる整数の通し番号のことです。
例えば「2022年1月1日」のシリアル値は「44562」になります。

TODAY関数の書式は;

TODAY ( )

と、とてもシンプルです。
実際にセルA1 に入力したときのイメージは以下のようになります。


▲今日の日付は 2021年12月26日です

セルA1の書式が勝手に「yyyy/m/d」になっていますが、TODAY関数が返した値はあくまで 今日の日付の「シリアル値」(44556)です。
「セルの書式設定」で 書式は自由に変更できます

例えば、隣り合ったセルに同じ TODAY関数をセットして、左のセルは「日付」を表す書式を設定して 右のセルは「曜日」を表す書式にすることも可能です。
下のサンプルは、セルA1からB3まですべて入力されている数式は「=TODAY ( )」です。


▲セルの数式はすべて TODAY 関数

TODAY関数の応用例

今日の日付を 関数で表せるということは、数式に加算・減算を加えることで「前日の日付」や「翌日の日付」を表示することも可能になってきます。

常に前日(昨日)の日付を表示するなら;

=TODAY ( ) - 1

翌日(明日)の日付を表示するなら;

=TODAY ( ) + 1

となります。
また、TODAY関数と 文字列を組み合わせて、文章中に今日の日付を組み込む こともできます。

ただ、この場合は注意が必要で、文章中の日付の書式を指定するために TEXT関数 を組み合わせます。

以上で『エクセル今日の日付を表示する関数は?』は終了。
その他の関連記事と合わせて仕事や趣味に役立ててください。

関連記事






-関数, EXCEL&VBA
-,

© 2022 h1r0-style.net