関数 EXCEL&VBA

エクセルで平均値と中央値を求める関数

更新日:




「平均年齢」「平均日数」「平均得点」など、わたしたちの周囲では数値分布の傾向を知る参考として「平均」という言葉がよく用いられます。

ところがこの 平均値、データを見る人に思わぬ バイアス*を与えてしまうことがあります。

こんな時に役に立つもう一つの指標が「中央値」です。
今回は、平均値と中央値の違い から、それぞれを求める 関数 についてピックアップします。

*バイアス (BIAS):「偏り」を意味する言葉で、「先入観」「偏見」など無意識に判断を誘導されてしまう(してしまう)こと。

平均値と中央値の違い

平均値の落とし穴

平均値は 誰にとっても分かりやすい指標ではありますが、落とし穴となる場合もあります。

極端な例をひとつ。
25歳、50歳、55歳の三人の顧客がいます。
顧客の平均年齢は;

(25 + 50 + 55) ÷ 3 ≒ 43.3歳

となります。
ところが、43歳前後には顧客は存在しません。


▲平均値周辺に顧客の実体はない。。。

お金をかけて43歳前後の人をターゲットにした戦略を打っても大コケするでしょう。

中央値とは

中央値とは、データを小さい順に並べたとき 中央に位置する値
つまり5人の人がいるとき、その5人の年齢を順にならべて3番目の人の年齢となります。

平均年齢が43.3歳だった先ほどのサンプルの場合;
25歳、50歳、55歳の三人の顧客のうち、中央値は真ん中の「50歳」となります。

三人の年齢分布を考えたとき、ターゲットを定めるならば 平均値の43歳ではなく 中央値の50歳が正解と言えるでしょう。


▲中央値の考え方


平均値と中央値を求める関数

AVERAGE関数

AVERAGE関数とは、文字どおり引数の平均値を返す関数です。
書式は;

=AVERAGE (数値1, [数値2]...)

のように表されます。
引数の部分はセル範囲でも問題ありません。

MEDIAN関数

MEDIAN関数とは、引数リストに含まれる数値の中央値を返す関数です。
書式は;

=MEDIAN (数値1, [数値2]...)

のように表されます。
引数の部分は、AVERAGE関数と同様にセル範囲でも問題ありません。

『エクセルで平均値と中央値を求める関数』は以上です。
他の関連記事と合わせて仕事や趣味に役立ててください。


関連記事



併せて読んでおくとさらに便利

COUNTIF で「を含む」データをカウントする|Excel 関数
COUNTIF関数・ワイルドカード
COUNTIF関数を使い「~を含む」データをカウントする方法を解説。ExcelのCOUNTIF関数で任意の文字列を含むセルをカウントする にはちょっとした工夫が必要なのです。ヒントは「ワイルドカード」。

エクセルで曜日別に集計する(売上·平均)|Excelのキホン
曜日・集計
エクセルで曜日別の集計をする方法 について解説。曜日別の集計データ はマーケティングにとって欠かせない材料のひとつです。基本的な関数の組合せで、曜日別の売上や平均を算出することが可能です。

DSUM関数で特定の文字列を含む項目の売上げ合計を求める
集計・DSUM関数
DSUM関数の使い方を解説します。SUMIF関数では集計できない「含む」「始まる」といった条件に当てはまる項目の集計をするには DSUM関数 が役に立ちます。

エクセルで時間の足し算をする|24時間を超える合計表示
書式記号・集計
エクセルで時間の足し算をする方法を解説。労務管理などで 時間の足し算をするときに合計が 24時間以上でも正しく合表示させるクニックです。時間の足し算ができない、合わないという方は必見です。

※その他、関連記事はこの記事の下の方にもあります。







-関数, EXCEL&VBA
-,

Copyright© h1r0-style.net , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.