エクセルで連続データができないときの解決方法

エクセルで 連続データ(連番・通し番号)を発番させるシーンは少なくありません。

ところが、『連続データの最終セルを下にドラッグしても、なぜだか 同じ数字が並んでしまってできない

こんなことありませんか?

今回は、連続データができないときの解決方法をいくつか紹介します。

連続データができないケース

連続データができない、と感じるときは「オートフィルが思いどおりに機能してくれない」とき。
オートフィルが機能してくれない、とは冒頭で述べた;

連続データが入力された最終セルの オートフィルハンドル をドラッグしても、連番にならず最終セルと同じ値がコピーされてしまってできないパターン(下図)です。


▲セルA5のオートフィルハンドルを下に引いても連続データにならず「4」が続く

「そう!これこれ」と共感してくださった読者の方は、引き続きこの記事をご覧ください。



複数セルを選択する

この場合の解決法は3つあります。

ひとつは、最終セルだけを選択するのではなく 3~4行上から 複数のセルを選択した状態でオートフィルハンドルをドラッグします。


▲セルA3からA5まで選択した状態で オートフィルハンドルを下に引くと連番「5」が発番

連続データとなっている複数セルを選択することによって、エクセルに「この部分は連番だな」と学習させます。

Ctrl キーを使う

もうひとつの方法は、最終セルのオートフィルハンドルをドラッグする際に、[Ctrl] キーを押しながらドラッグ します。


▲Ctrlキーを押しながらドラッグすると連続データになる

オートフィルオプションを使う

さらにもうひとつ。

オートフィルで同じ数字が連続してしまったときに、オートフィルオプションをクリックします。


表示されたオプションから「連続データ(S)」をクリックすれば連番になります。

3つの解決方法はいずれの方法もとても簡単です。
ぜひ覚えておいてください。

以上で『エクセルで連続データができないときの解決方法』は終了です。
その他の関連記事と合わせて仕事に役立ててください。

関連記事






-その他小技, EXCEL&VBA
-

© 2021 h1r0-style.net