エクセルのエラー対策|表示しない・0 表示・空白|エラー値一覧

2018/02/07


エクセルで関数を使って作表していると、多数あるセルの中にはエラーが表示される場合も当然ありえます。

もちろん、それらのエラーの中には関数の特性による「想定されていたエラー」もあるのですが、資料としてはどうにも見た目が悪い。

今回は そんなエラーを適切に処理して 表の見映えをよくしよう、というトピックです。
記事の最後に エラー値の一覧 も用意しました。

エラーを表示しない

ひとくちに「エラーを表示しない」といっても、その対処法はいろいろあります。

表で扱うデータの性質によって適切に対処しましょう。


IFERROR関数

エラーの処理方法の1つに関数の利用があります。
なかでも、IFERROR関数 は筆者の考える最も効率のよい関数です。

IFERROR関数は、式の答えがエラーの場合に、設定された「エラーの場合の値」を返し、エラーでない場合は式の答えを返す便利な関数で;

=IFERROR ( , エラーの場合の値 )

といった書式で表されます。
※「値」の部分には数式を入れることが可能です

エラーの場合は空白で表示

エラーを非表示にする。つまり、空白で表示させる場合の数式は;

=IFERROR ( 任意の数式, "" )

とします。

これによってエラーのセルは(見た目が)空白のセルとして表示されます。

エラーの場合は 0 表示する

作成中の表の性質によっては、エラーを空白ではなく、0 (ゼロ) 表示させた方が適切な場合もあります。

そのような場合は IFERROR関数 の数式を;

=IFERROR ( 任意の数式, 0 )

とします。

エラーの場合に任意の文字を表示させる

エラーが生じた場合、空白でも 0 でもなく「任意の文字」を表示させたい場合もあるでしょう。

そのような場合は;

=IFERROR ( 任意の数式, "任意の文字列" )

とします。


エラー対処の際の注意点

本物のエラーが見えなくなる

エラーを非表示にするのも良いのですが、エラー表示の「本来の目的」はユーザーに数式や参照の不整合を知らせるためのものです。

エラーを非表示にすると、資料の見た目は良くなるのですが「本当のエラー」が発見しにくくなる リスクもあります。
エラーを表示しない仕様にするときはエラーが想定の範囲でしか発生しないようなケースだけにしましょう。

主なエラー値の一覧

最後に、主なエラー値とその意味をまとめておきます。

エラー値と意味

エラー値 意味
#DIV/0! 除算(割り算)で「割る数」が 0 または空白の場合に表示されます。
#N/A 値が確認できない場合に表示されます。VLOOKUP関数などで検索結果の値が見つからない場合など。
#NAME? 定義されていない関数や名前が入力されたときや、文字列を "(ダブルクウォーテーション) で挟み忘れたときに表示されます。関数のミスタイプがありがち。
#NULL! 数式に参照演算子として半角スペースが使用されている場合に、それぞれの範囲に共通部分がないときに表示されます。まずは数式に使用されている半角スペースをチェックしてみましょう。
#NUM! 数値に問題がある場合に表示されます。Excelで扱えない範囲の数値であったり、反復計算をさせて解が見つからない場合など。
#REF! 数式中のセル参照が無効な場合に表示されます。参照セルやシートを削除した場合によくみられるエラーです。
#VALUE! 数式で数値の入ったセルを指定するところを、文字列のセルを指定した場合などデータの種類を間違えたときに表示されます。

以上で、エクセルのエラー表示対策のトピックは終了です。

関連記事と合わせて活用してください。

関連記事



併せて読んでおくとさらに便利

Excelで全角・半角をチェックする方法
LEN関数・LENB関数
Excelでデータの全角・半角をチェックする方法を解説。カタカナやアルファベットの中には、フォントによって見た目の全角・半角の区別が難しい文字もあります。

エクセルの重複データに色を付ける|「ダブり」チェック
条件付き書式・COUNTIF関数
エクセルで重複するデータに色を付ける方法を解説します。Excelでダブりチェックをする方法はいくつかありますが簡単に設定できるのでぜひ挑戦してみましょう。

Excel「名前の管理」を使いこなそう|定義・削除・非表示の対処など
名前の管理・INT関数
名前の管理とその削除、また非表示になった名前の削除方法もピックアップします。エクセルのセル(範囲)に任意の名前をつけて管理すると数式が理解しやすくメンテナンスも楽になります。

エクセルのフィルタで抽出した値の合計を表示する方法
フィルター・SUBTOTAL関数
エクセルのフィルタで抽出された値の合計を求める方法。列にフィルタがかかっているときは「フィルタで抽出された値の合計」を表示させる方法です。

※その他、関連記事はこの記事の下の方にもあります。

-EXCEL&VBA
-, ,

シェアしていただけると助かります。