品達羽田に行ってわかった「だいたい10のこと」

2018/02/07

笑い豚の粗挽き豚骨担担麺

品達羽田とは

品達羽田はラーメンのフードコート!

品達(しなたつ)」は知る人ぞ知るラーメンのフードコートだ。

2004年に品川駅沿いにオープンした「品達品川」(「品達ラーメン麺達七人衆」&「品達どんぶり五人衆」)をご存知の方も多いだろう。

今回行ってきた「品達羽田」は、今年2016年4月に羽田空港国際線ターミナル内(3階)Wing airport HANEDA にオープンしたばかり。
品達1▲「品達 羽田」の入り口。よく見ると看板に “Ramen Food Court" の文字が。

ちなみに、品達羽田品達品川 はそれぞれ入店しているラーメン店が違う。

店舗は空港の出発ロビーから少し奥まったところにあるのだが、ちょっと歩けば「空港感」たっぷり。羽田国際線ターミナル

そんなロケーションだから、お店から見える景色は空港周辺らしく開けていて視界良好で気持ちがよい。

品達2 目の前でターミナルに入線してくるモノレールが見える。当日はシェードが半分くらい降りていたけど。


品達羽田に入る「達人」の店

品達羽田には、「金沢味噌ラーメン神仙」、「中華そば福味」、そして「博多とんこつ笑い豚」の3店舗が入る。

金沢味噌ラーメン神仙」は石川県金沢の人気ラーメンで、東京ラーメンショー2013 年・2015 年で売上1位を獲得している。
中華そば福味」と「博多とんこつ 笑い豚」の2店舗は、どちらも有名ラーメン店「せたが屋」が「品達 羽田」のために開発した新ブランドだ。

ちなみに、「せたが屋」は「せたが屋 羽田国際空港店」として同じ空港ターミナル内4階「江戸小路」に店を構えている。
せたが屋羽田国際空港店▲せたが屋 羽田国際空港店

前述のとおり、品川とは差別化が図られている。
品達品川の方は、品達ラーメンで7店舗と、品達どんぶりが5店舗(現在は4店舗)の計12店舗と大所帯だ。

個人的には選択肢は多すぎない方がいいので、この点で羽田の方が好感がもてる。

品達3店内には3店舗それぞれの券売機と厨房が並ぶ。



博多とんこつ笑い豚

東京ラーメンショーで売上1位を2度も獲得している「金沢味噌ラーメン神仙」に目が行きつつも、天邪鬼(あまのじゃく)な私が選んだのは「博多とんこつ笑い豚」。

さらに言うなら、メニューも「とんこつラーメン」を外して「粗挽き豚骨担々麺」(950円)をチョイス。
笑い豚1まずは食券を購入。
券を店員さんに渡すと、フードコートにありがちな呼び出しブザー(ポケベルみたいな)を渡される。

粗挽き豚骨担々麺

手元のブザーが鳴って「笑い豚」のカウンターまで粗挽き豚骨担々麺を取りに行く。

キタキタキター
品達羽田笑い豚の粗挽き豚骨担担麺見た目は誰もこれが「とんこつ」だとは思わない担々麺のスープの色。

そして、特徴的なのが 花山椒のいい匂い
一流の四川料理であるかのように食欲を刺激する。
担々麺に花山椒ってのは私にとってはちょっと記憶にない組み合わせだったので新鮮。
「せたが屋」の新ブランドらしさを感じた。

辛さも花山椒の香りもちょっと強めで、すぐに汗ばんでくる。
ひと口目から「うんまい!」

見た目だけでなく味も、豚骨とは言うものの「とんこつ感」はほぼゼロ。
しかし、うんまい!

麺は中太で、こちらもいわゆるとんこつラーメン独特の細い麺ではなかった。
細麺が好きな方は、とんこつラーメンを選ぶことをオススメする。

あっという間に完食。(水は2杯飲んだ)
クセになる辛さで旨かった。

うーん、「笑い豚」いいなぁ
今度は「神仙」「福味」も試したい。

品達羽田は店舗数こそ少なめだが、羽田国際線ターミナルに来た時はぜひ食べてもらいたい「ラーメンフードコート」だった。

金沢味噌ラーメン神仙でも食した【追記】

その後、品達羽田を再訪し「金沢味噌ラーメン神仙」のラーメンもいただきました。

選んだのは、「味噌ラーメンMEGAスペシャル」1,150円(税込み)だ!!
ちなみに神仙の人気ナンバーワンメニューです。

▲見た目はこってりガッツリ系だ

味噌ラーメンMEGAスペシャル

まずは生姜の爽やかな香りが。
これはチャーシューとの相性を考えてのことだろう。
そして、食べ進めていくと柚子の香り。

最初の画像をアップで見てみると、どんぶりの中心に生姜と柚子が乗っているのが見える。

芳ばしいチャーシューはほのかに煙の匂いが残っているのがイイ!
麺は中太のちぢれ麺。(ハマるパターン)

食べ終わってみると、最初の見た目に反してすっきりしていた。
おそらく生姜や柚子の効果によるところが大きいのではないでしょうか。

「炎・炙」肉盛味噌ラーメン【再追記】

さらに後日、品達羽田を再訪。
ショーウィンドーで目が釘付けになったのがコチラ!
▲ドドーン!

金沢味噌ラーメン神仙で、前述の 味噌ラーメンMEGAスペシャル に次ぐ、人気No.2「炎・炙」肉盛味噌ラーメン です。
もう迷わず一点買いでした。

食券の購入手順などは3度目の来店となると慣れたもので、ささっと自販機で買って待つこと数分。
やってきました。
に、肉がぁ。。。

まず目に入るのは、厚めに切られた炙り豚が4枚、適度な「焦げ感」が芳ばしくて、もう麺の上が焼肉屋さん。

前回食べた 味噌ラーメンMEGAスペシャル と同様に、生姜と柚子(ゆず)のトッピング。
生姜は言うまでもなく炙り豚との相性抜群!
柚子はラーメンを食べていると、ふといい香りを主張してくる瞬間があっていいアクセントになっています。

▲麺が肉で見えないぞっ!

麺は中太ちぢれ麺でコシ強めです。
炙り豚のほかに、ひき肉、メンマ、もやし、ネギ、そして味玉(半玉)がオン・ザ・メン!

スープはしっかりコクのある味噌あじ。
けど脂っぽくはありません。バランス最高。これは生姜と柚子の効果もあるのかな?

とにかく「炎・炙」肉盛味噌ラーメン もすばらしい一品でした。

そしてわかった「だいたい10のこと」

品達羽田に行ってわかった「だいたい10のこと」
1. 品達(しなたつ)は知る人ぞ知るラーメンのフードコート
2. 品達羽田は、今年2016年4月にオープンしたばかり
3. 品達羽田は羽田空港国際線ターミナルの3階にある
4. 品達羽田の看板には、 “Ramen Food Court" の文字が書いてある
5. 品達羽田の窓からは空港周辺の開けた景色が見えて気分爽快
6. 品達羽田には、「神仙」「福味」「笑い豚」の3店舗が入る
7. 「金沢味噌ラーメン神仙」は東京ラーメンショーで売上1位を2度も獲得している
8. 「中華そば福味」「博多とんこつ 笑い豚」は、あの「せたが屋」の新ブランド
9. その「せたが屋」も「羽田国際空港店」としてターミナル内に店を構える
10. 品達羽田の「博多とんこつ笑い豚」の粗挽き豚骨担担麺は花山椒の香りが魅力
11. 品達羽田の「金沢味噌ラーメン神仙」のラーメンは野郎どもの大好物間違いなし
12. なにより品達羽田にはまた行きたくなる(実際に再訪した)

>>品達の公式HPはこちらから。

関連記事



-麺類
-,

シェアしていただけると助かります。