キュレーションメディアとは? ジャンル別 人気キュレーションサイト一覧

2018/08/07





curation2
ここ数年で増殖の一途をたどり「Antenna」や「グノシー」がテレビCMするようになったあたりからさらに勢いが増してきた「キュレーションメディア(キュレーションサイト)」。

いまや数多くの人気キュレーションメディアが存在しますが、今回の h1r0-style.net ではそれらを ジャンル別 にまとめてみました。

定義付けもあいまいなこの新メディア。
いろいろ問題もあるようですが、それは後半で。

では、まずは ジャンル別 に 人気のキュレーションサイトの一覧 をご覧ください。
あなたはいくつ知っていますか?




ジャンル別 キュレーションメディア一覧

キュレーションメディア一覧

※各アイコンをクリックするとサイトにジャンプします

ニュース系

smartnews SmartNews
 スマートニュース
◆全世界1900万DLの定番ニュースアプリ
https://www.smartnews.com/ja/

gunosy Gunosy
 グノシー
◆無料で読めるニュースまとめ
https://gunosy.com

antenna antenna
 アンテナ
◆300以上の有力メディアのコンテンツが無料で読める
https://antenna.jp

旅行系

findtravel Find Travel
 ファインドトラベル
◆国内最大級旅行メディア。旅行好き&地元の人が書いた「とっておき」旅行情報を配信
http://find-travel.jp/

retrip RETRIP
 リトリップ
◆旅行・おでかけまとめメディア。 世界の絶景から、話題のカフェまで、最新のまとめ記事を配信
https://retrip.jp/

tabilabo TABI LABO
 
◆厳選した国内外のトピックスを通して、世界とつながる感覚や新しいライフスタイルに出会うような体験を提供するWEBメディア
http://tabi-labo.com/

女性向け

mery MERY
 メリー
◆「女の子の毎日をかわいく。」お洒落が大好きな女の子のためのかわいいキュレーションメディア
http://mery.jp

marble MARBLE
 マーブル
◆「女性のオシャレに彩りを」がテーマのキュレーション
http://topicks.jp

4meee 4meee!
 フォーミー
◆オシャレ女子のための最新トレンド情報を毎日発信
https://4meee.com

locari Locari
 ロカリ
◆毎日を忙しく過ごしている女性の皆様へ、旬なアイデアを提案
https://locari.jp


生活・住まい系

iemo iemo
 イエモ
◆「家をもっと。暮らしをもっと。」自分らしく生活したい人のための住まいに関するキュレーションメディア
https://iemo.jp

mylohas MYLOHAS
 マイロハス
◆ Love your life. ごきげんな私を作る。をテーマにしたキュレーションメディア
http://www.mylohas.net

kinarino キナリノ
 
◆「暮らしを素敵に丁寧に」をテーマにしたキュレーションメディア
https://kinarino.jp

男性・経済系

u-note U-NOTE
 ユーノート
◆若手ビジネスパーソンの「仕事を楽しく、毎日をかっこ良く」するキュレーションマガジン
http://u-note.me

newspicks NewsPicks
 ニュースピックス
◆経済情報に特化したソーシャルニュースメディア
https://newspicks.com

r25 R25
 アールニジュウゴ
◆「30オトコの本音に向き合う」メディア
http://r25.jp


キュレーションメディアとは

ざっと紹介した話題のキュレーションメディア。
いかがでしたでしょうか?

あらためて、この「キュレーションメディア」という言葉ですが、いろいろ調べてはみたものの、実際のところこの言葉は明確には定義されていません。

キュレーションとは
IT用語としては、インターネット上の情報を収集しまとめること。
または収集した情報を分類し、つなぎ合わせて新しい価値を持たせて共有することを言う。
出典:コトバンク

この「キュレーション」の言葉どおり、様々なWEBから記事を引っ張ってきて一覧化するのが特徴のようですが、この仕組みがいろいろと物議を醸しています。

キュレーションメディアの課題

それは、他のサイトをパクリ、コピペしコンテンツを大量生産しPVを獲得している、という意見です。
実際に、他者の記事を引っ張っておきながら参考URLも付けず、あたかもオリジナルのように記載している記事がいくつも確認されています。

キュレーションサイトの読者的には、厳選されたハズレのないコンテンツばかりが集まっていて楽しく便利なサイトという印象ですが、一方で記事を投稿する側の方からはPVを横取りされた気分になるって訳です。

キュレーションメディアがGoogleなどの検索エンジンで一様に評価されている限り、この問題は解決されないでしょう。
最近はテレビCMでの露出もかなり多くなっているのでなおさら深刻です。

独自性・新規性もないような悪質なパクリのキュレーションメディアについては淘汰されるべき、あるいはキュレーションメディアの構造について正しい定義づけやルールの制定が必要だと思いますが皆さんはいかがでしょう?

関連記事



-エンタメ
-

シェアしていただけると助かります。