WordPressのパーマリンク設定を変更する

2018/02/07




パーマリンク設定を変更

これまでパーマリンク設定に無頓着、と言うかそこまで気を配ることが出来なかったのですが、ようやく見直すことにしました。

賢明な読者の方はお分かりのとおり、パーマリンクの設定は早めに固めておいた方が良いものです。

パーマリンクとは

別名:固定リンク 【英】Permalink
パーマリンクとは、Webページの中の個別のコンテンツに対して設けられたURLのことである。特に、ブログにおける個々のエントリー(毎日の記述)に対して割り当てられたURLを指すことが多い。パーマリンク(Permalink)は、恒久・不変を意味する「パーマネント」(permanent)と「リンク」(link)が掛け合わされた造語である。

出典:IT用語辞典バイナリ http://www.sophia-it.com/content/パーマリンク

要はページごとのURLをどういうフォーマットで表示するかってことです。

これまでのパーマリンク

本ブログの以前のパーマリンクはなぜだか;

ドメイン/投稿年/投稿月/post-連番/

となっていました。
どこかの時点でデフォルトから変更したようです。わけもわからず取りあえず。

ところが、これではGoogle Analyticsのレポートが見づらくてしょうがない。URLだけでは何について書かれた記事か判断ができません。
ま、そのURLをたたけばよいのですが。。。

SEO的にも、URLではコンテンツの内容を予測することが出来ないので良くはない。
さらに、Adsense的にもURLにキーワードが埋め込まれている方が適切な広告が表示されやすい(はず)。

そこで今回変更したパーマリンクのフォーマットがこちら;

ドメイン/カテゴリー/記事のタイトル

実際のパーマリンク設定変更作業

WordPressの設定画面は、設定>パーマリンク設定 と進みます。
フォーマットは「カスタム構造」を選択して

パーマリンク設定2
テキストボックスには;

/%category%/%postname%

と入力しました。
投稿年や月を入れるべきか悩んだのですが、明確なメリットが思い浮かばず排除しました。

カテゴリーのスラッグを設定

パーマリンクに「カテゴリー」を入れる方は、カテゴリーの設定画面で「スラッグ」が設定されていることを確認しましょう。

投稿>カテゴリーから;
スラッグの設定

スラッグに設定した文字列が、URLに反映します。
あらゆる意味で、短めに端的にそのカテゴリーを表す英語が良いです。

記事ごとにパーマリンクを編集

この設定で新しい記事を投稿(あるいは下書き保存)すると、パーマリンクの末尾が記事タイトルそのままに日本語になります。(記事タイトルが日本語の場合)

日本語のままでも良いのですが、TwitterにURLをコピペした時に文字化けするのが美しくない。
というわけで私は各記事の編集画面でパーマリンクの末尾を英語に修正しました。

パーマリンク編集
URLにスペースは入れられないので、その場合はハイフンでつなぎます。

日本語URLの是非については諸説あろうかと思います。私は英語URLを選択しました。
※ご覧のページのURLでも確認できますよ。

以上でパーマリンク設定の変更作業は完了です。
これでしばらく様子を見てみようと思います。

関連記事



-WordPress
-,

シェアしていただけると助かります。